近所のスーパーで新型コロナ感染者が出たらどうなる?農水省の資料をもとに解説!

東京では、日によっては100名を超える新型コロナウイルスの感染者が報告されていますが、その中には病院やスーパーなど、私たちが普段から利用する身近な施設の関係者が含まれる例も珍しくありません。もし、私たちが普段利用しているスーパーの従業員に感染者が出た場合、どういった対応がとられるのでしょうか?農林水産省が発表しているガイドラインに沿って解説していきます。

9b78048d6666b47b

目次

東京を中心に全国で感染が拡大する新型コロナウイルス。もはや感染しないように意識するのはもちろん、自分自身が感染しているかもしれないという自覚を持って咳エチケットなど意識する必要が出てきています。

感染拡大のなかで、ごく一部のスーパーでは従業員が感染したといった情報も。もし新型コロナの影響によってライフラインであるスーパーが長期間休業になってしまった場合、その地域に住む人にとってはとても深刻な問題となります。

農林水産省によると・・・

日々の生活を送る上で重要な役割を担うスーパーでは、どのように感染を予防しているのでしょうか?また、もし感染した場合、どういった対策がとられるのでしょうか?農林水産省が発表しているガイドラインに沿って解説していきます!

予防対策の徹底

E9f70554ff1dac78

農林水産省の食品産業事業者向け資料によると、あくまでお願いというスタンスになりますが、予防対策の徹底として

  • 発熱があれば自宅待機
  • 37.5℃以上が4日以上続けば保健所に問い合わせ
  • 出勤、トイレ、作業場入場時の手洗い・消毒徹底
  • 可能な限りマスク着用・咳エチケット
  • 通常の清掃に加えて人がよく触れる部分を拭き取り清掃

を要請しています。

感染者・濃厚接触者は14日間出勤停止

D20f09390daa2200

それだけ対策をしていたにもかかわらず感染した場合、保健所や従業員への周知、濃厚接触者への出勤停止など即座の対応をするように求められています。

潜伏期間は概ね14日以内といわれていることから、感染者・濃厚接触者はその間自宅待機となっています。

さらに、店舗でも保健所の指導による消毒が行われます。消毒場所は売り場、厨房、製造加工施設、倉庫、執務室など。ドアノブや手すりなどよく触れられる場所も入念にアルコールで拭き取りを実施します。

感染者が出た施設はすぐに再開して大丈夫?

Ad2c31e2b7b76df2

特に卸やスーパーをはじめとする食品産業は、私たちが生きる上で重要な位置付け。それゆえに、農林水産省のガイドライン(PR版)によると、感染者が出たからといって「即刻長期間お店を休業してほしい」といった要請はありません。食料の安定供給こそが非常に大切なことだとして、営業を継続するために全面的に協力すると記載されています。実際に感染者が出たお店の多くが翌日、または数日以内に消毒をした上で営業が再開されています。

近隣のスーパーがコロナの影響で突然営業できなくなったら・・・

仮に、感染者が出たからといって闇雲に長期休業してしまった場合、どういったことが起きると考えられるでしょう?編集部で考えてみました。

  1. 遠くまで買い物をする人(長距離移動者)が増え、感染のリスクが上がってしまう恐れがある。
  2. 1.によって、普段よりも多くのお客さんが押し寄せることで商品の供給バランスが崩れてしまう可能性がある。
  3. 供給のバランスが崩れると、極端に品薄な状況が発生し、危機感を覚えた方による買い占めが起きる。

これらはあくまでも編集部の予想ですが、お店は保健所指導のもと適切に消毒し、継続的に営業すること、そして、私たちが焦らず普段通りの買い物をすることがパニックを防ぎ、感染拡大を阻止することにもつながるのではないでしょうか。

私たちがスーパーに行く時注意すべきことは?

23c626304818fc12

多くのスーパーが感染拡大や感染時の対応を徹底している一方で、お店に来る私たち自身も感染源とならないように工夫することが大切です。買い物をするときは手洗い・消毒を。また、できるだけ混雑する時間帯を避け、行列していても距離をとって並ぶようにするなど工夫しましょう。お店の従業員は、生活するために必要な商品の安定供給と感染拡大の阻止を頑張っています。買い手側としてできることをしていくのが大切ですね。

スーパー・コンビニ・専門店
ランキング

Crown
全体ランキング

編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る