洗濯機に詰め込んで洗うと洗浄力が1/3にまで低下--適切な洗濯物の量は?

知っているようで知らない洗濯機の正しい使用方法。前回に続き、パナソニック株式会社主催のセミナーで、ライオン株式会社のお洗濯マイスターとして活動する大貫和泉さんから教わった「お洗濯のコツ」をご紹介します。

0345e14aa5370320

適切な洗濯物の量とは?

今回は「洗濯物の量」について。みなさんは、洗濯物がどれくらいの量を溜まったら洗濯機を回しますか。できるだけ1回で済ませたいので、急いで洗わなければならない場合を除いて、ある程度溜まったところでという人が多いのではないでしょうか。

しかしこの"ある程度"という基準はご家庭によってまちまち。筆者はだいたい洗濯槽容量の8割ほどを目安にしていましたが、大貫さんによると最適なのは洗濯槽容量の6~7割とのこと。いくら性能の優れた洗濯機でも、目いっぱい詰め込んでしまうと、衣類が動かなくなって機械力が働かなくなり、その能力を発揮しきれないそうです。

9eb4856c64949f84
洗濯機の洗浄力を十分に発揮させるため、洗濯物の適切な量は洗濯槽の容量の6~7割が目安。投入口ギリギリまで洗濯物を入れると、洗濯物をうまく攪拌できない
78d24157c39bd916
詰め込み洗いをしてしまった際の洗浄力の違いを比較。高性能な洗濯機を使用していても、洗濯物の量によってこれだけ差が出てしまうので要注意

限界まで詰め込むと洗浄力は……

例えば縦型洗濯機の場合だと、容量の7割程度と限界まで詰め込んだ場合を比較すると、洗濯槽の上部にある衣類は洗浄力が1/3~1/4程度に、中央部分は半分程度まで低下してしまうと言います。

洗濯回数を減らして手間を省きたいのであれば、設置スペースが許容する範囲で、洗濯容量は大きめのものを選ぶのが無難です。一般的に洗濯機の寿命は6~8年程度が目安。毎日使うものだからこそ投資効果を考えて、あまり妥協せずに選びたいものです。

203d06670c2272c4
大容量タイプのパナソニックの縦型洗濯乾燥機の新製品「NA-FW120V2」。バランサーという内部部品の設計や構造の見直しで、643×672×1,073mm(幅×奥行き×高さ)の本体サイズで、洗濯容量12㎏、乾燥容量6kgまでを実現
Ccbbc143eba61a1c
広口の投入口で洗濯物の出し入れもしやすく、中も見渡しやすい。十分な洗浄力を発揮させるためには、容量の6~7割程度に留めておく必要を考えると、家族の人数が多い世帯はできるだけ大容量の洗濯機を選んでおきたい

家電
ランキング

Crown
全体ランキング

Lead banner article 2039
編集部にリクエスト
「あのお店のおすすめ商品を教えてほしい」「便利なアイテムを教えて欲しい」などのリクエストをお送りください
リクエストを送る