おにぎりの具材&アレンジおすすめ30選!毎日のお弁当やパーティーメニューにも

毎日の朝ごはんやお弁当で作る機会の多いおにぎり。気づけば具材がマンネリしてしまって自分も家族も飽きてきてしまっている……なんてことはありませんか?この記事では、時間のない朝でもササッと作れるお手軽おにぎりから、イベントに合わせて作りたいちょっぴり豪華なおにぎりまで、具材&アレンジアイデア30選を一挙にご紹介します。

4fb84432163c59c2

目次

毎日のお弁当にぴったり!手軽でおいしいおにぎりの具20選

まずは手軽に作れておいしい具材の組み合わせをどどんと20種類ご紹介!ちょっぴり意外な組み合わせもあるかもしれませんが、筆者の家族にも好評な具材をセレクトしました。

1. 梅干し×ごま

632608069e4b3f2b

おにぎりの具といえば梅干し。筆者の実家では自宅で梅を漬けていたので、おにぎりには大きな梅干しが定番でした。

そのままおにぎりの中に入れる以外に、ごまを和えたおにぎりの上にちょこんとのせるのもかわいいですよ。そのほか、梅と大葉を刻んで一緒に混ぜてにぎってもおいしいです。

今は市販の梅干しも種類が豊富なので、塩辛さや甘さなどを変えて作るだけでもマンネリ防止になります。

2. 鮭×いり卵

06d9f022850494ac

鮭はおにぎりの定番具材ですが、ほぐしたものをいり卵と一緒に混ぜるのものもおすすめです。彩りもよくなるので、お子さんにもよろこんでもらえるはず。鮭の骨を取り除いてほぐすのが面倒であれば、鮭フレークを使えば時短になります。

3. ゆかり×チーズ

7afa54cd57be9d64

学校給食でもなじみのある、ゆかりご飯のおにぎりにチーズをプラス。チーズのコクが加わって、いつものおにぎりとは一味違うおいしさが楽しめます。

4. 干しエビ×塩こんぶ

A301c0f7ff1e0ca6

塩昆布おにぎりをよく作る方にはぜひ試してほしい組み合わせです。干しエビを少し加えるだけで香ばしさがプラスされて、全体のおいしさを格上げしてくれます。干しエビは桜エビよりもずっと安く手に入るので、家計にも優しい具材のひとつです。

5. ツナマヨ×かつお節

7c05ad6729931f30

ツナマヨはコンビニおにぎりの定番ですが、お家でツナマヨを作ろうとすると水分が出て上手くまとまらない……なんて経験はありませんか?そんな時の裏技は「かつお節」を混ぜること。乾物のかつお節が適度に水分を吸ってくれるから水っぽくならず、おにぎりの具にちょうどいいツナマヨができあがります。

6. ひじきの煮物

77af52c98fa4dfda

たくさん作ったひじきの煮物があれば、細かく刻んでおにぎりにしましょう。甘辛く煮たひじきの煮物はご飯との相性バッチリ!ひじきの煮物そのままだとあまり食べない筆者の3姉妹たちも、おにぎりにするとパクパク食べてくれます。お家で作るひじきの煮物を使用する際は、少し汁気を飛ばしてから混ぜるとおにぎりにしやすいですよ。

7. 明太子×チーズ

C2afca083d766d49

プチプチとした食感と濃いめの塩味がご飯とよく合う明太子。いつもの明太子おにぎりにスライスチーズをのせ、海苔で巻いてあげるとより子どもが食べやすい味わいに。このおにぎりで明太子デビューした筆者の末女も「おいしい!」と気に入ってくれました。

8. あげ玉×青のり

Bcf7ad535ad6bae3

悪魔のおにぎりとして一世を風靡した、あげ玉と青のりが主役のおにぎり。麺つゆを天かすに染み込ませて味付けし、すこーしごま油をプラスしてあげてもおいしいですよ。青のりと一緒にご飯に混ぜてにぎれば、背徳感たっぷりのおにぎりのできあがり。

あげ玉を具材にするなんてカロリーがすごそう……と思いますが、不安な気持ちを凌駕するおいしさが楽しめる、まさに悪魔的なおにぎりです。

9. しらす×韓国のり

5989c8b677ef8120

しらすはふっくらとした食感とほどよい塩気でおにぎりの具にぴったり。そこに刻んだ韓国のりをプラスすれば、磯の風味とごま油の香りが加わってますます食欲を刺激する一品。子どもたちに魚を食べてほしいときも、おにぎりにすれば抵抗なく食べてもらいやすいですよ。

10. チャーシュー

C36d06c17302ce77

ジューシーで食べ応えのあるチャーシューは、刻んでおにぎりの具にしてもおいしい!スーパーで販売されているチャーシューを使えば手間がかからず、ボリュームも出るので食べ盛りの子どももお腹を満たすことができますよ。

11. ミートボール×カレー粉

D5f389f666fd7db0

カレー粉と顆粒コンソメで味をつけたご飯の中に、みんな大好きなミートボールをイン。子どもたちには特によろこんでもらえるおにぎりです。写真ではさらに、型抜きしたスライスチーズと黒ごまをトッピングして見た目もかわいく仕上げてみました。

カレー粉は入れすぎると辛みが出るので、子どもが食べる場合は風味が付く程度の少量でOK。カレーの香りで食欲もアップしますよ!

12. 味玉

F579f9e5cc84322e

おにぎりを食べる楽しみには「中の具は何かな?」というワクワク感がありますよね。パクっと食べたときに、中からトロっと半熟の味玉が出てくれば自然と笑顔がこぼれそう。味玉を作るのが苦手な方は市販の物を使えばらくちんです。おにぎり自体がかなり大きめサイズになるので、海苔は全型1枚を切らずに使用するのがおすすめです。

13. 鯖の塩焼き×しょうが

502779b03dc0824f

脂ののった塩サバをおにぎりの具にしてみるのもアリです。ご飯にはしょうがの千切りを少し混ぜこんでおけば、冷めても魚の臭みは気になりません。むしろしょうがの爽やかな風味が鯖のおいしさを引き立ててくれますよ。しょうがの千切りが無い場合は、しょうがのチューブを少し加えるだけでも大丈夫。主菜と主食がセットになった、満足感のあるおにぎりです。

14. グリーンピース×和風だし

598a3e9e9981e873

綺麗な緑色が映えるグリーンピースは、おにぎりの具にしても華やか。顆粒和風だしを一緒に混ぜ込むことで、グリーンピースの青臭さを抑えてうま味を引き出してくれます。三角おにぎりも良いですし、小さめに丸くにぎってあげれば小さなお子さんも食べやすいですよ。

15. 野沢菜×いり卵

435451ac785790d3

野沢菜はそのまま食べてもおいしいですが、刻んでサッとごま油で炒めるだけでご飯がすすむおかずに変身。いり卵と一緒にご飯に混ぜ込んでおにぎりにすれば、彩りもよく仕上がりますよ。

16. ランチョンミート

56836a344cbf0cb0

見た目のインパクトもさることながら、食べるとそのおいしさにもびっくりするランチョンミートおにぎり。作り方はとっても簡単で、俵型ににぎったおにぎりの上に切ったランチョンミートをのせ、海苔でくるっと巻くだけ。手軽に作れて見た目も良くボリューム満点なので、子どもたちにもきっとよろこんでもらえるはず!

17. キムチ×たくあん×ツナ

44158302c3720945

刻んだキムチとたくあんをご飯に混ぜ込んだ「キムタクごはん」は、筆者の地元・長野県の定番給食メニューです。今回はツナを加えておにぎりにしましたが、豚肉や魚肉ソーセージ、そぼろなどと合わせてもおいしいので、お好みの具材で作ってみてください。一度食べるとやみつきになる味ですよ。

18. ちくわ×かにかまぼこ

8a0e0cd854e6f771

冷蔵庫に常備しているご家庭も多いちくわとかにかまぼこは、「おにぎりの具が無い!」と焦ったときの救世主。刻んでバターと一緒にサッと炒めるだけで、とってもおいしいおにぎりの具材に変身します。ほんのり漂うバターと魚介の香りが食欲をそそります。

19. 焼き鳥

0d712708172cc69f

焼き鳥は串から外せば立派なおにぎりの具材に!焼き鳥はタレと塩どちらでも大丈夫ですが、鶏もも肉のシンプルな焼き鳥が一番ご飯とのなじみがいいです。焼き鳥の串がない分、子どもにも安心して食べさせることができますよ。

20. 海苔の佃煮×チーズ

6b9f6a5659dce350

ご飯との相性抜群な海苔の佃煮ですが、チーズを加えてあげると見た目も味もワンランクアップ。海苔の風味とチーズのコクが意外にも相性ばっちりで、おにぎりにしてもよく合います。

特別なイベントの日に!子どもがよろこぶおにぎり5選

続いて、運動会などのイベント時に作ってあげたい、ちょっぴり特別なおにぎり5種をご紹介。お子さんの笑顔を思い浮かべながら、ぜひ作ってみてください♪

1. 鰻の蒲焼き×薄焼き卵

Ad9d2f25c6fd893b

運動会のように子どもたちががんばる1日には、ちょっと奮発してスタミナ満点の鰻を使ったおにぎりはいかがですか?三角おにぎりに切った鰻をのせ、薄焼き卵で巻けば見た目も華やかになりますよ。

2. 肉巻きおにぎり

B1bb393d414d63a4

今や定番の肉巻きおにぎりは、牛肉で作ればとっても豪華!リーズナブルに作りたいときには豚肉の薄切りでも大丈夫です。

俵型のおにぎりにお肉を巻いて焼き、味付けには焼肉のタレを使えば間違いありません。ポイントはお肉でおにぎりの周りを隙間なく巻くこと。隙間があると焼いているうちに崩れてきてしまいますので、気を付けてくださいね。

3. くるみ味噌

1570850bbbc468da

見た目はちょっと地味?いえいえ、我が家では一番人気と言っても過言ではない大人気のおにぎりです。くるみ味噌は市販のものもありますが、味噌、くるみペースト、砂糖、みりんを同量ずつ入れて混ぜれば簡単に手作りもできます。

くるみ味噌をおにぎりの上にぬったら、トースターで焼き色がつくまで焼きましょう。くるみ味噌の旨みに焼きおにぎりの香ばしさもプラスされ、クセになる味わいです。

4. パッカンおにぎり

Dcbed47b4adeb556

俵型ににぎったおにぎりに海苔を巻き、包丁で切れ込みを入れて好みの具をはさむだけ!今回は大葉とソーセージをのせ、ホットドッグのような見た目になりました。おにぎりらしからぬ見た目で子どもたちも驚くはず!いろんな具材をはさめば、より華やかに仕上がりますよ。

5. そぼろおにぎり薄焼き卵

260e19a4514e0b69

子どもが大好きなそぼろでおにぎりを作り、さらに薄焼き卵で包めばボリュームも彩りもアップ。薄焼き卵はフライパンを使って大きめに作ると包みやすくなります。また、薄焼き卵は水溶き片栗粉を加えて作ると包むときに破れにくくなりますよ。

パーティーにもおすすめ!ちょっぴり豪華なおにぎり5選

最後にご紹介するのは、いつもより少し手間ひまをかけた見た目も豪華なおにぎり。ホームパーティーなどでぜひ作ってみてください。

1. サーモンおにぎり(酢飯を使用)

9104e6d128c180fb

酢飯で丸型のおにぎりを作り海苔で包んでから、包丁で十字に切れ込みを入れます。その上にサーモンやかいわれ大根、レタスをトッピングすれば、華やかな見た目のおにぎりが完成!さらに豪華にしたいときはいくらやトビコを飾るのもおすすめです。サーモン以外にマグロを使っても、パーティーメニューにぴったりのおにぎりになりますよ。

2. チーズ焼きおにぎり

9118c8cf92a7aba8

ホットプレートで焼肉やお好み焼きパーティーをしたとき、ご飯ものもあるとうれしいですよね。そんなときにおすすめなのがチーズ焼きおにぎり。コーンを加えて、より子どもに好まれる味に仕上げてみました。

D6587a84712144be

コーンを混ぜたおにぎりの表面を焼いてから、ピザ用チーズを空いたスペースにのせます。その上に焼きおにぎりをのせ、チーズがカリカリになるまで焼いたら完成!香ばしくてカリカリなチーズが、焼きおにぎりの味わいを格上げしてくれます。

3. 生春巻きおにぎり

Ae5d6fdd7b672b93

もちもちした食感が魅力の生春巻きは、おにぎりにしてもおいしいんです。具材には生春巻きの定番、クリームチーズとボイルエビを使用しました。

4b26daddf333d14b

作り方は生春巻きと同じで、サッと水につけた生春巻きの上にご飯、クリームチーズ、塩をふりかけて巻いていきます。ご飯の代わりに酢飯を使うのもおすすめ。その場合は塩は入れなくてOKです。

B491b7490d2949dc

一巻きしてからエビをのせて巻ききると具がキレイに見えますよ。通常の生春巻きと同じように、スイートチリソースをつけて食べるとおいしいです。

4. 豚の生姜焼きおにぎらず

5b70d5495867d1d8

にぎらずに作れる「おにぎらず」はすでにおにぎりの定番となりつつありますよね。具をたっぷり挟めるのもおにぎらずの魅力です。豚の生姜焼きだっておにぎりの具になっちゃいますよ。

A585e20f43d73211

海苔の真ん中にご飯、千切りキャベツ、豚の生姜焼き、白だしで下味をつけた千切りにんじんをレンジ加熱して順にのせたら、さらにご飯を盛り付けてから海苔で包んでいきます。

30dcb2a5dfc6b5bc

ラップで包んで10分ほど置くと形がなじみ、切るときに崩れにくくなります。あらかじめ切る方向を考えて具をのせると、カットしたときの断面が綺麗になりますよ。

5. オムライスおにぎり

23d5ad9d499f4b94

オムライスをおにぎりにすれば、パーティーにもぴったりの可愛い一品に仕上がります。

ラップで包んでチキンライスを棒状のおにぎりにし、薄焼き卵を巻くだけです。チキンライスの具はいつもより小さめにすると、にぎった時に崩れにくくなります。仕上げのケチャップは時間が経つとにじんでしまうので、食べる直前に絞ってあげるといいですよ。

いろんな具材、いろんな見た目のおにぎりで毎日のご飯を楽しもう

おにぎりというと白米の中に具材が入っているものをイメージしがちですが、工夫次第で見た目や味わいの幅をぐっと広げることができます。定番のおにぎりもいいですが、いつもと違ったおにぎりも作ってみると新しい発見があって楽しいですよ。今回ご紹介した具材もぜひ参考にしながら、いろんなおにぎりを作ってみてください。

レシピ
ランキング

Crown
全体ランキング