じゃがいもの茹で方と茹で時間|ほくほくに仕上げる&煮崩れさせないコツも

じゃがいもを茹でるとき、丸ごと茹でるか、切って茹でるかで悩んだことはありませんか?この記事ではじゃがいもの茹で方・茹で時間に加え、おいしく茹でるコツもご紹介します。

95dc0b605c97d155

目次

じゃがいもを煮崩れせずほくほくに茹でる3つのコツ

茹で方を解説する前に、じゃがいもを煮崩れさせず、ほくほくとおいしく茹でるコツを3つご紹介します。

コツ1:水から茹でる

47cbd8d735659f64

じゃがいもは水から茹でるのが鉄則!時間をかけて茹でることで甘みが引き立ち、内側に均等に火が入ります。沸騰したお湯から茹でてしまうとじゃがいもの外側に熱が入りすぎることで煮崩れしやすくなり、ほくほくとした食感が失われてしまいます。水から茹で、沸騰してきたら火加減を弱めるようにしましょう。

コツ2:皮つきのまま丸ごと茹でる

皮つきのまま茹でることでじゃがいもの栄養が流れ出るのを防ぎます。皮をむいてから調理することも可能ですが、仕上がりがすこし水っぽく感じやすくなるため、皮つきのまま丸ごと茹でた方がおいしく仕上がります。

コツ3:鮮度がいいものを選ぶ

煮崩れしてしまう原因は、じゃがいもの鮮度に問題がある場合も。じゃがいもは熟成が進むほど煮崩れしやすくなります(※)。そのため新じゃがは煮崩れしにくく、調理しやすいじゃがいもです。そのため、スーパーから買ってきてしばらく経ったじゃがいもは、マッシュポテトなど形を気にしない料理への使用が向いているといえるでしょう。

※参照:中村優,内野昌孝,佐藤広顕,高野克己「ジャガイモの煮崩れに対する内在ポリガラクチュロナーゼの影響」

じゃがいもの茹で方

0527ab217b9b0014

それでは、じゃがいもの茹で方をご紹介します。丸ごと茹でる場合、カットしてから茹でる場合など、じゃがいもの状態によって茹で時間が異なりますので注意してくださいね。それぞれの茹で方に合ったおすすめレシピもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

丸ごと茹でる場合

じゃがいものほくほく感を楽しむじゃがバターや皮ごと使う料理には、時間はややかかりますが皮つきのまま丸ごと茹でる方法がおすすめです。

手順

1. じゃがいもを洗い、泥を落とす

4a42178d91fc82c0

2. 茹でた後に皮をむく場合は、あらかじめ十字型に切り込みを入れておく

07196c930cbe9713

3. 鍋にじゃがいもとたっぷりの水を入れ、中火にかける。沸騰したら弱火にし、25~30分ほど茹でる

7747b8b92f212e0d

竹串がスッと通るくらいのやわらかさになったら茹で上がりです

4. じゃがいもが熱いうちに、キッチンペーパーや清潔な布巾を使い皮をむく。芽がある場合はスプーン等を使って取り除く

6a8590190905995c

丸ごと茹でたじゃがいもを使ったおすすめレシピ

新じゃがとスナップエンドウのコンソメバター蒸し
バターの香りが食欲をそそり、ほくほくなじゃがいもが味わえる一品です。

664344c362aa28b0

新じゃがとスナップエンドウのコンソメバター蒸し

新じゃがいも、スナップエンドウ、○洋風スープの素(顆粒)、○白ワイン、○バター、塩・こしょう

調理時間:25分

おからコロッケ
レシピでは電子レンジを使用していますが、じゃがいもをつぶして使うレシピは丸ごと茹でたほうがつぶしやすく、水っぽくもならないのでおすすめです。

B7cae3743f19248f

おからコロッケ

卯の花(市販品)、じゃがいも、 ○卵、 ○牛乳、 ○薄力粉、パン粉、揚げ油、ソース(好みで)

調理時間:20分

カットして茹でる場合

茹で時間を短縮させたい場合は、カットしてから茹でる方法もあります。ただし、丸ごと茹でたときより若干水っぽくなるため、マッシュポテトやポテトサラダなど、じゃがいもをつぶして使用する料理にはあまり向きません。ジャーマンポテトのような炒める料理に使うよいいでしょう。

手順

1. じゃがいもを洗ってから皮をむき、料理に使いやすい大きさに切る

72c46aea304d001c

2.鍋にじゃがいもとかぶる程度の水、塩をひとつまみを入れて中火にかける。沸騰してきたら弱火にし、竹串がスッと通るやわらかさになるまで6~8分ほど茹でる

7fc467c91d8ea0d7

塩を入れて茹でることで、じゃがいもの甘みが引き立ちます

3. 茹で上がったじゃがいもをザルにあげ、水気を切る

D7df0aca373600e2

カットして茹でたじゃがいもを使ったおすすめレシピ

ソーセージとじゃがいものカレー炒め
じゃがいもとカレー粉の相性は抜群!スパイシーな香りが食欲を刺激します。

80185d52d4a8b153

ソーセージとじゃがいものカレー炒め

ソーセージ、じゃがいも、○カレー粉、○酒、○ハーブソルト、ドライパセリ、オリーブオイル

調理時間:15分

タラモサラダ
パスタソースで手軽にタラモサラダが作れます。レンジ調理もできますが、茹でた方がほくほくとした食感が楽しめますよ。

682c9f459aed58b0

タラモサラダ

じゃがいも、○たらこパスタソース、○粉チーズ、塩、粗挽き黒こしょう(好みで)

調理時間:15分

じゃがいもとソーセージのチーズ焼き
食事のメイン料理にも、おつまみにもなるレシピです。チーズが全体にコクをプラスしてくれます。

8c0f935c178dae0d

じゃがいもとソーセージのチーズ焼き

ソーセージ、じゃがいも、マヨネーズ、塩・こしょう、ピザ用チーズ、ドライパセリ

調理時間:20分

鶏肉とじゃがいものてりやき
ご飯がすすむ一品!茹でたじゃがいもを使うと、よりタレがからみやすくなりますよ。

38c9022e0829305e

鶏肉とじゃがいものてりやき

鶏もも肉、じゃがいも、○しょうゆ、○酒、○みりん、○砂糖、サラダ油

調理時間:15分

電子レンジでも加熱できる?

1a28c57b08ef72c7

じゃがいもは電子レンジでの加熱も可能です。茹でるよりも短時間で調理でき、洗い物も少ないため楽チンです。

しかし、電子レンジ調理は加熱のムラが出やすいため、食感も均一になりにくいデメリットがあります。電子レンジを使用する際は、じゃがいもの大きさによって加熱時間を調整したり、加熱後に蒸らす時間を作ったりするとよいでしょう。

丸ごと電子レンジで加熱する場合

まずは、丸ごと加熱する際の手順を解説します。

手順

1. 洗ったじゃがいもを濡らしたキッチンペーパーでくるみ、その上からラップでふんわりと包む

2. 1を耐熱容器に入れ、600Wの電子レンジでじゃがいも1個につき 3~4分ほど加熱する

3f1afb2c03e4eccd

電子レンジは火の通りにムラが出やすいので、1個ずつ加熱するのがおすすめです

3. 加熱後はそのまま3分置いて蒸らす。皮をむく場合は熱いうちにキッチンペーパーや清潔な布巾を使ってむく。芽がある場合はスプーン等を使って取り除く

5936b66f33af4db4

カットして電子レンジで加熱する場合

続いて、カットしてからレンジ加熱する手順を解説します。

手順

1. じゃがいもを洗ってから皮をむき、食べやすい大きさに切る

08427b210d4a55a8

2. 1を耐熱容器に入れてラップをふんわりとかける。じゃがいも1個分につき、600Wの電子レンジで3~4分ほど加熱する

Ea7b3ce40682b501

カットしてから加熱する場合も、加熱ムラを防ぐため1個分ずつ加熱するようにしましょう

レンジで簡単!じゃがいもおすすめレシピ

電子レンジで加熱したじゃがいもは崩れにくいため、じゃがいもの形を活かした料理に向いています。

春キャベツと新じゃがのカレーマヨサラダ
電子レンジだけで完成する時短レシピです。いつものポテトサラダとは違ったおいしさが楽しめますよ。

E1684f1c7b0ffd30

春キャベツと新じゃがのカレーマヨサラダ

春キャベツ、新じゃが、○マヨネーズ、○カレー粉、○しょうゆ、○こしょう

調理時間:20分

加熱の仕方によってじゃがいもの栄養価は変化する

ここまでじゃがいもの茹で方(加熱方法)を複数紹介してきましたが、茹で方によって味わいや食感が変わるだけでなく、栄養価も変化します。たとえば、じゃがいもはいも類の中でもビタミンCを多く含む食材ですが、ビタミンCは水に溶けやすい性質を持っています。そのため、カットして茹でるよりも皮をむかずに丸ごと茹でた方が、丸ごと茹でるよりも電子レンジで加熱した方が、ビタミンCを効率よく摂取できるのです。

じゃがいものビタミンCはみかんに負けていない!

51ea665c08452a51

じゃがいもは糖質が多いイメージがあるかもしれませんが、実はビタミンCが豊富な食材でもあります。

ビタミンCには抗酸化作用があり、がんや動脈硬化の予防として注目されている栄養素です。その量はビタミンCが豊富なみかんにも負けていません。

B6b5b34413ce18cf

出典:日本食品標準成分表2020年版(八訂)

100gあたりのビタミンC含有量は、じゃがいも28mg、みかん32mgと意外にも僅差であることがわかります。また、ビタミンCは水に溶けやすい性質がありますが、じゃがいもにはでんぷんが含まれているため、茹でた際のビタミンC流出量が比較的少ないとも言われています(※)。

ビタミンCを摂取する観点では電子レンジ加熱がもっとも効率的ですが、茹でてもビタミンCはある程度摂取できるため、作るレシピによってさまざまな調理方法を選ぶとよいでしょう。

※参考:瓦家千代子「いもの調理(調理と科学(9))」

料理に合わせた茹で方で、ほくほくのじゃがいもを楽しもう

じゃがいもは水から茹でてゆっくり火を通すことで、ほくほくとした食感に仕上がります。時間がないときは電子レンジも活用しながら、料理に合わせた加熱方法でさまざまなじゃがいも料理を楽しんでくださいね。

調理方法・準備
ランキング

Crown
全体ランキング